子供の頃は犬をはじめ、いろいろ動物が好きでテレビの動物番組は欠かさず見ていました。
小さい頃から自然が大好きで、子供の頃の夢は野山を駆け巡る「ターザン」になることでした!!
夏は海。秋は山。で日が暮れるまで遊んでいました。夏、トウモロコシをかじりながら真黒になるまで遊ぶ反面、清潔好きで足に海の砂がつくのが嫌い…という神経質な一面ももちあわせていました。

海と自然とスポーツと…体を動かす事がとにかく好きだったので、大学時代には、サッカー、陸上、ウィンドサーフィン、ボクシングなどをしていました。その関係で友人も多く、大学3年生の時には全国にちらばっている友人の実家を訪ねて歩く日本一周旅行を悪友とした事があります。今でも多くの友人がいますが、その一人一人が私の宝物です。

院長のむし歯History!!

今でこそ1日7回も歯磨きをしていますが、小さな頃は歯磨きが苦手で、お菓子をよく食べていたそうです。そのため、小学校の時にムシ歯が7本もでき、歯医者さんに行き、削ってつめる治療をしました。治療が嫌で、泣いたり、あばれたりして歯医者さんを困らせた事もあったそうです。それからは、歯磨きを一生懸命頑張り、ムシ歯にはなっていませんヨ!!

大学卒業後、先輩の研究の為に治療していた所の再治療を行い、2005年には身体に一番合う金属を選んだり、咬み合わせの細かな調整を含めた、理想的最新最高の治療を受け、より健康な口腔内環境を整える事ができました。
その後、さまざまな講演会に参加し、全身と咬み合わせの関係や、顎関節の治療や、矯正・審美治療、顕微鏡を使った治療、ホワイトニングなど…勉強するとともに自分自身の身体でも研究を行っています。


歯科の思い出

歯科治療のゴリゴリする感じは嫌ですね。親知らずを抜いた時の嫌な音は未だに耳に残っています。歯医者の中へ一歩足を踏み入れた時の薬品の匂い。削る音。麻酔の変な感じ。お口を開けるダルさ。
早く終わらないかな~と思う気持ち。。。
歯医者に来院されて、感じる事ってたくさんあると思います。マイナスなイメージが多いと思いますが。
当医院では、アロマを取り入れたり、治療と予防を空間で分けたりするなどして、少しでも歯科医院の嫌な要素をなくしていけるよう心掛けています。

毎年、講習会へでかけて最新の治療を勉強すると共に多くの先生方とコミュニケーションをはかっています。
さまざまな分野の有名な先生方を師とし、日々の診療に生かせることを幸せに思います。
1993年、高松青年会議所に入り、多くの仲間ができました。
JCIでは医療部会でネパールに2回、ベトナム、カンボジアなどの医療活動に参加し、医療貢献を通じて多くのことを学ぶことができました。1990年から興味のあった精神世界にも精通しています。いまは、感謝とありがとうで、『氣』をあやつり、環境を整え、いろいろな診療をおこなっています。

世界の人々が幸せになることと『地球市民』という言葉が大好きなのです…。

そして夢…。ヨットで世界一周。モナコでは世界の人々と交流したいと思っています。
世界の人々のためになる発明、発見をし、幸せをひろめたいのです。
カバン一つで世界を飛び回りながら…。

今は、移転して、すばらしい環境のなか、患者さん一人一人にあった治療計画を立て、豊かな人生を送るお手伝いをさせていただいています。

あなたのステキな笑顔をみたいから…。
世界の人々に貢献したいから…。
感動を一緒に味わいませんか?

明るく元気・笑顔・パワー

シンタニ歯科医院 Topページへ戻る